ボディメイクするために必要な食事方法

ボディメイクするための食事方法はコレ!

ボディメイクするために必要不可欠である食事は減量中には必死項目であります。

 

ボディメイクするための重要3項目(運動・睡眠・食事)の中でも何と7割重要度があるとか。

 

今回、健康的に引き締まった理想の体型を手に入れる為に必要となる食事方法をご紹介いたします。

 

食事方法の注意点

(カロリー大幅ば制限は危険)
まず、根本的にダイエット目的(減量)でやみくもにカロリー摂取を大幅にカットしないようにしましょう。

 

筋肉をつける為には必要な栄養素をきちんと取らなければ筋肉は増えません。

 

それに、カロリー制限をして体重は痩せるものの筋肉も同時に落ちてしまい基礎代謝も下がってしまいますので注意しましょう!

 

(1日朝昼晩きちんと3食食べよう)
1日の食事回数はきちんと3食食べる事が大切です。

 

朝食は大切な時間帯で朝食を抜く事でデメリットが生じます。

 

コリチゾール(筋肉を減らす)インスリン(脂肪を溜める)悪いホルモンが出てしまうので忙しい朝でも朝食を取りましょう。

 

昼食もしっかり栄養補給をしましょう。

 

脂肪燃焼効果のある時間帯なので昼食はしっかり目に摂る様にしましょう。

 

夕食はダイエット減量を成功させるには朝、昼の食事よりも少なめに摂るのをおすすめいたします。

 

お腹が空きやすく、通常なら1日で最も食事量が多いと思われますが出来る限り20:00までに食べ終わり早目に就寝する事をおすすめいたします。

 

注意するのは夜食等の遅い時間の食事は避けましょう!

 

ボディメイクに必要な栄養素をきちんと食べて必要でない物を減らしましょう!

〇必要な栄養素
脂肪燃焼効果のある(赤身肉、唐辛子等の辛味成分、納豆やレバーに多く含まれるビタミンB2の食品)
筋肉をつくる効果のある(豚肉、とりむね肉、ささみ肉、サバ、まぐろ等のタンパク質が多く含まれている食品)
体内の糖質をエネルギーに変換してくれる食材(豚肉、玄米、ウナギ、そら豆等のビタミンB1の食品)
腸内環境を良くし便として排出される(海藻類、やさい類等の食物繊維を多く含む食材)

 

〇必要のない栄養素
カロリーの高い(パンやパスタ類等のカロリーが高い割にお腹にたまらない食品)
体脂肪の原因となる(揚げ物類や、ひき肉類等は脂肪分が多い食材)
身体の中で分解されにくい(マーガリンやコーヒークリーム等の人工的な食品)
お菓子や惣菜パンや甘くて砂糖がたくさん入っている飲料等は想像以上にたくさんの糖分が入っています。
今回ボディメイクを心がけるのであれば控える事が大切です。

 

理想のボディメイクを目指す順序

自分がなりたい体型へと目標を立て実行する準備が出来れば、まず減量から始めましょう。

 

減量時期で筋肉アップ時期をパターンを交互でやり続ける事で理想体型に変化させましょう。

 

@溜まった脂肪を燃焼させる時期
1番最初は貯まった脂肪を燃焼させる事が最優先となります。
炭水化物や糖質や脂質等を制限するように心がけましょう。
しかし、制限し筋肉まで落ちてしまっては元も子もありませんので必要栄養を摂取し、トレーニングも並行で頑張る事。
また、制限しても体重が落ちない場合は食べ物以外の調味料類にも気を配る様にしてみましょう。

 

A筋肉増加で基礎代謝アップ時期
次の段階はより筋肉を作りリバウンドをしない身体づくりをしましょう。
脂肪燃焼させる@時期の食事制限を心がける時ではなく、いかに筋肉を付けるかが目的の時期です。
この時期は@の時期よりも食事量は多くなりますが、食べ過ぎは厳禁。
必要な栄養素はきちんと摂取し、必要でない栄養素は取らない事を心がけましょう。

 

まとめ

ボディメイクするために必要な食事方法をまとめてみました。

 

筋肉を増やすために必要となる栄養素はきちんと摂取し、無駄な栄養素を排除しましょう。

 

たまに、ご褒美として好きな物を食べたり飲んだりするのも続けるためには必要となってきますのでその点はかまわないと思います。

 

リバウンドのしない身体にするには必要な筋肉です。

 

トレーニング等で筋肉を増やし基礎代謝もアップさせるには、必要不可欠な食事です。

関連ページ

おすすめの男性向けのボディメイクトレーニングをご紹介
おすすめの男性向けのボディメイクトレーニングはこれです。
HMBはどんな効果があるの?HMB効果を徹底調査してみました
HMBはどんな効果があるの?疑問がある方はぜひチェック。
ロイシンの効果は一体どんな効果なの?
ロイシンの効果は一体どんなものがあるの?