ロイシンの効果は一体どんな効果なの?

ロイシンの効果はどういったものがあるのか?

ロイシンって、ご存知ですか?

 

ロイシンは体内で合成出来ない必須アミノ酸の一つで、筋肉にとって最も重要なアミノ酸とも言われています。

 

それはロイシンが筋肉の成長を促す効果があると言われているからです。

 

今回、そのロイシンの効果やどのくらい摂取すればいいのかなど、詳しく調べてみました。

 

必須アミノ酸は体内では合成できない

必須アミノ酸は体内では合成出来ないので、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

 

このロイシンもその必須アミノ酸の一つで、筋肉を構成するアミノ酸はBCAAという3種類で高い割合をしめていますが、その3つアミノ酸のうちロイシンは筋肉に一番多く含まれているそうです。

 

筋肉を合成するために重要なロイシン

トレーニングもダイエットもそうですが、筋肉を鍛えることは大変重要です。

 

つまり、「たんぱく質合成」はダイエットも筋肉増加にも欠かせないポイントであります。

 

たんぱく質を摂取することで筋肉を合成することは周知の事実でありますが、運動したのちにプロテインを飲んで、筋肉の合成を促進するということは皆さんご存知だと思います。

 

たんぱく質は体内に摂取されたのち、アミノ酸という小さなものに分解されます。

 

このアミノ酸が筋肉や血液の元となるのですが、ここでロイシンが筋肉をつくる材料を渡すだけでなく、たんぱく質合成そのものにかかわっていく作用があると言われているのです。

 

筋肉の成長を促進するスイッチを活性化

ロイシンは筋肉の成長を活性化するスイッチをもつ物質mTORという筋肉中に含まれる重要な化合物を直接活性化する役割があるそうです。

 

このmTORとは細胞の分裂や生存など調整にセンターの役割をも果たす物質で筋肉を成長させるときにスイッチの役割を果たすとのこと。

 

ロイシンの他にもこのmTORを活性化する因子は他もありますが、ロイシンはたんぱく質合成のプロセスを調整する役割を果たすそうです。

 

ダイエットの味方

糖質オフダイエットが最近の流行りですが、これは良質なたんぱく質をとって糖質を減らすということです。

 

つまり、筋肉量を減らさず、糖質を減らすことで体脂肪を燃やすということなのですが、ロイシンを多く含むたんぱく質を取った方が体脂肪の減少が見られて、筋肉の減少を防止する結果となったという研究発表がありました。

 

この結果、見逃せません!。

 

その他ロイシンの効果

ロイシンの効果は他にもありました。筋肉疲労の回復効果や筋肉合成の促進、などもあるそうです。

 

ロイシンを摂取すると筋肉疲労が早く回復し、たんぱく質合成が活性化するので、筋肉増量効果も望めるのですね。

 

つまり、大まかにいえば、ロイシンは筋肉の成長スイッチをONにする効果があると思います。

 

ロイシンを多く含む食べ物

ロイシンはどんな食べ物に含まれているのでしょうか?

 

鶏肉や豚肉、牛肉などの肉類、魚、牛乳、チーズなどのいわゆるたんぱく源です。

 

しかしながら、これらの食品は他のアミノ酸も含まれていますので、ロイシンだけ効率的に摂取するということは難しいと思われます。

 

まとめ

ロイシンは筋肉合成や回復に欠かせないアミノ酸のひとつであり、これが不足すると体重減少つまり筋肉が減って太りやすくなります。

 

筋肉は生きていく上で大変重要ですので、うまく身体にロイシンを取り入れて筋肉が衰えないようにしてくださいね。

関連ページ

おすすめの男性向けのボディメイクトレーニングをご紹介
おすすめの男性向けのボディメイクトレーニングはこれです。
ボディメイクするために必要な食事方法
ボディメイクするために必要な食事方法をご紹介します。
HMBはどんな効果があるの?HMB効果を徹底調査してみました
HMBはどんな効果があるの?疑問がある方はぜひチェック。